• TOP
  • >
  • 飛騨ジモト大学とは?

『飛騨出身の若者が地元に愛着を持ちながら、「世界のどこでも自らの力を発揮する人材」になる!』

そんな目標を掲げ、2019年3月4日に発足した市民活動団体「飛騨ジモト大学」!
 


飛騨ジモト大学が目指すコミュニティ図

少子高齢化・人口減少が進む飛騨地方。
4年制の総合大学が存在しない地域のため、高校卒業と同時に地域外へ流出し、地元との接点を失ったまま、多くの若者が地元に帰ってこない状態がありました。

地域の産業や抱えている課題に対して若い世代の関心を高め、地域に貢献する次世代の人材育成に取り組みたい。そんな課題意識から飛騨ジモト大学の発足につながります。
 

高校・学校教育側にも大きな変化がございました。
「大学入試改革」や「学習指導要領の改定」と、大きく学力の定義が変わります。

既存の高校内で、適切な学びの場を提供するのは難しい中、多様な大人たちが日々答えのない問いに挑戦している「地域」をフィールドに、高校生が探究活動をおこなうことは非常に意義がある取り組み。
 

2019年3月4日、高山市民活動団体「飛騨ジモト大学」を立ち上げて、高校生×地域連携プログラムの提供へ向けて模索し始めます。
 

 


飛騨ジモト大学を運営するメンバーです。活動の想いや趣旨に賛同した高山市の市民有志で、本業の傍ら活動しております。